2021.04.06

バロンドールに選ばれたアフリカの英雄が大統領になり、コロナ禍にも対応

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

あのスーパースターはいま(8)前編

 サッカー選手に限らず、スポーツ選手が引退後に政治家になるのは珍しいことではない。選手時代の知名度は既成の政党にとって魅力的だし、選手自身も、自分の影響力を別の形で公共のために役立てたいと思うからだろう。そのなかでも、重要なポストに上り詰めた者には、政治に対する高いモチベーションがあるようだ。

 元サッカー選手で、最も高い地位に着いた代表格といえば、リベリアのジョージ・ウェアだろう。

 フランスのモナコでアーセン・ベンゲルにその才を見出され、パリ・サンジェルマン(PSG)、ミラン、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍。驚異的な身体能力とスピードを武器に、数々の伝説的ゴールを生み出した。1995年には、アフリカ人選手として最初のFIFA最優秀選手とバロンドールに選ばれ、ヨーロッパにアフリカの選手の質の高さを認識させた先駆者でもあった。アフリカでは年間最優秀選手に3度選出されたのち、「20世紀最高のアフリカ人選手」にも輝いた。

1995年にはアフリカ人として初めてFIFA最優秀選手、バロンドールに選出されたジョージ・ウェア1995年にはアフリカ人として初めてFIFA最優秀選手、バロンドールに選出されたジョージ・ウェア  ウェアの祖国リベリアは、アメリカで解放された奴隷たちが、アフリカに戻って作り上げた国家だ。1989年から約14年間、内戦が断続的に続き、国は荒廃し、貧しかった。ウェア自身も首都モンロビアのスラム出身。自動車修理工の父親を早くに亡くし、貧しいなかで育った。そのため、選手時代から自国の現状を憂いており、ことあるごとに行動に移していた。

 1994年には祖国にサッカーチームを作った。その門戸は学校に行っている子供たちだけに開かれており、勉学をあきらめないよう支援した。1997年にはユニセフの親善大使に就任。自身も多額の寄付をするかたわら、1998年には『Lively Up Africa』という歌をイブラヒム・バ(元フランス代表)やタリボ・ウェスト(元ナイジェリア代表)など、8人のアフリカ出身の選手とリリース。売り上げはアフリカの子供たちのために役立てられた。

 2003年にアラブ首長国連邦のアル・ジャジーラで引退した後は、しばらくアメリカに移り住み、ビジネススクールなどに通っていたが、その後、祖国に戻り、政治の道を目指すようになる。