2021.04.04

周りにスターが集まる男。ベルナルド・シウバは抜群の技術でボールをつなぐ

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第52回 ベルナルド・シウバ

<「止める・蹴る・運ぶ」が一体化>

 媒体みたいな選手だと思う。フィールドの至るところに現れてボールを預かって捌く。

 人から人へつないでいく時に、物質としてのボールだけでなく、ボールに意思を乗せて運んでいく。ベルナルド・シウバにボールを渡した人の意思に、別の意思を乗せることもあれば、ほとんど何も乗せないこともある。その塩梅が絶妙だ。

マンチェスター・シティ、ポルトガル代表で大活躍のベルナルド・シウバマンチェスター・シティ、ポルトガル代表で大活躍のベルナルド・シウバ  媒体なので本人の強烈な意思はあまり感じないが、いつのまにかチームに欠かせない存在になっていて、チームとしての意思を形づくるのに極めて重要な役割を担っている。

 173㎝と小柄。線も細い。典型的なレフティで、ボールの持ち方が何となく"奴凧"(やっこだこ)を思わせる。風に揺られるように左右に動いて相手をかわし、ときどき表裏がくるりとひっくり返る。それでもボールはいつも左足の前だ。

 サッカーで、ボールを「止める・蹴る・運ぶ」は別々の事象だが、実はすべて一体でもある。ベルナルド・シウバを見るとそれがよくわかる気がする。

 ぴたりとボールを止める。止める位置はボールを蹴れる位置だ。ボールを静止させるのではなく、体と一緒に動くなら「運ぶ」になるが、運んでいる最中にもボールは蹴れる位置になければならない。

 つまり、「止める」と「運ぶ」は、ボールが止まっているか動いているかの違いはあっても、すぐに「蹴る」ことができる位置にボールがあるのは同じなのだ。だからボールを止められなければ運べないし、どこにボールがあれば最高のキックができるか知らなければ、止めることも運ぶこともできないということになる。

 ベルナルド・シウバのボールを扱う姿勢が一定に見えるのは、体とボールの関係も一定だからだ。止まっていても動いていても型が崩れない。その抜群の安定感が優れた媒体である理由なのだろう。