2021.02.16

影山優佳のサッカー愛。夢は通訳なしでビエルサ監督にインタビュー!

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

日向坂46 影山優佳インタビュー中編『欧州サッカー愛』 

熱烈なサッカーファンとして知られる日向坂46の影山優佳さん。その豊富な知識や鋭い着眼点はサッカー通からも評価が高い。インタビュー中編は「欧州サッカー」をテーマとして、注目のチームや監督、行ってみたいスタジアムなどを尋ねた。

影山優佳インタビューカット集はこちら>>

欧州サッカーについて語った影山優佳さん欧州サッカーについて語った影山優佳さん
ーー欧州サッカーで好きなリーグはありますか?

影山優佳(以下、影山)
 私が最初に好きになった選手は、ミラン時代のカカ選手です。私が5歳ぐらいの頃だったと思います。貴公子のようなアタッカーで、いつもファンを魅了していて、本当にカッコよくて。私もカカ選手に惹かれて、彼のユニフォームを着てサッカーをしたり。本当に憧れていました。カカ選手が欧州サッカーを見るきっかけになりました。その後、ブンデスリーガのドルトムントが好きになりました。(ユルゲン・)クロップ監督の戦術がすごく好きでした。

ーー影山さんのキャッチフレーズもそこから?

影山
 「あなたのハートにゲーゲンプレス」ですね。おっしゃるとおり、クロップ監督の戦術からきています。以前に、DAZNの番組で、視聴者の方からいただいたものなんです。これ以上のキャッチフレーズはないと思います(笑)。

ーークロップ監督が率いていた頃のドルトムントは面白かったですよね。

影山 すごく好きでした。(ピエール=エメリク・)オーバメヤン選手やマルコ・ロイス選手、香川真司選手などが活躍されていた頃です。それをきっかけに、ブンデスリーガをよく観るようになりました。でも、今一番観ているのは、プレミアリーグかなと思います。