2020.12.31

本田圭佑、ボタフォゴ退団で全紙の一面に。クラブ幹部から手厳しい声

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 本田圭佑が12月30日、ボタフォゴ退団を自身のSNSで正式に伝えた。数日前から噂されていたことを彼自身が正式に認めた形だ。

 その日からブラジルの新聞全紙の一面は本田一色だ。もしかしたらこの時点ではコロナウィルスのニュースよりも騒がれているかもしれない。ネイマールがクリスマスから元日までぶっとおしのパーティーを企画して手ひどく叩かれたが、そのスキャンダルもふっ飛ばす勢いだ。

 記事の見出しは、言葉こそ多少違うがみな同じだ。

「本田は困難に陥ったチームを見捨てて、逃げていく」

ボタフォゴ退団を自身のSNSで明らかにした本田圭佑 photo by Reuters/AFLO ボタフォゴのエドゥアルド・バロッカ監督はラジオのインタビューでこう言った。

「本田の話は一切したくない。なぜなら今はボタフォゴを出ていく話をする時ではないからだ。チームを救うために誰もが、選手もコーチも幹部もサポーターも全員が120%の力を出す必要がある時だ。彼が何を言ったかなどに興味はない。とにかく我々は何がなんでもチームを救わなくてはならない」

 バロッカ監督はボタフォゴがコリンチャンスに2-0で敗れ、厳しい状態がさらに厳しくなった時、チームマネージャーのトゥリオ・ルストーサからその話を聞いたらしい。受けた打撃は「泣きっ面にハチ」などという生易しいものではなかったろう。

 本田はこれまでなかなか力を出せずにいたが、それでも監督は本田をいまだに頼みにしていた。少し前にボタフォゴのメディカルスタッフから話を聞いたが、彼らは監督から「できるだけ早く本田を取り戻してほしい。そのために最大の努力を払ってくれ」と再三言われたといた。「A残留のためには彼の経験がチームに必要なのだ」と監督は力説していたという。実際、予定よりも早く回復できそうだと、そのスタッフは嬉しそうに言っていた。

 今から約1カ月前、本田はバロッカ監督に約束していた。

「ボタフォゴと残留の戦いをするために、できるだけのことをします。自分のすべてを出し尽くします」

 それだけにバロッカの失望は大きかった。