2020.12.31

香川真司はどこへ行く? 新天地を決めるための2つのポイント

  • 中山淳●文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 無所属の状態が続いている香川真司が、新天地を見つけるべく、重要な冬の移籍期間を迎えようとしている。

 1週間ほど前には古巣セレッソ大阪復帰の可能性が報じられたが、本人が自身のSNS上でそれを否定。セレッソ側は獲得オファーを認めたものの、香川は改めてヨーロッパで移籍先を探す意思を表明している。

 また、その直前には前所属クラブのサラゴサ(スペイン2部)のイバン・マルティネス現監督が香川復帰の可能性を模索したが、「一度ライセンスを取り消された選手(契約を解除した選手)は、同一シーズン中、それまで契約していたクラブでライセンスを取得することはできない(再び契約することはできない)」というスペインサッカー連盟の規約により、今シーズン中のサラゴサ復帰が不可能であることが地元紙で報じられた。

 10月2日にサラゴサとの契約が解除された香川は、現在自宅やサラゴサのトレーニング施設などで自主トレーニングを行ない、コンディションの維持に努めているが、果たしてこの冬に本人が納得できるかたちで新天地を決められるのか。これまで日本サッカー界をけん引してきた選手だけに、サッカーファンにとっては大いに気になるところだ。

サラゴサで1部昇格プレーオフを戦って以来、実戦から遠ざかっている香川真司サラゴサで1部昇格プレーオフを戦って以来、実戦から遠ざかっている香川真司  そもそも、2019年夏に2年契約でサラゴサ入りを決めた香川が無所属状態に陥った背景には、昨シーズンの香川のパフォーマンスと支払っているサラリーが見合わなかったこと、そして新シーズンに向けてEU外の外国人枠に別の選手を獲得したいというサラゴサ側(特にルベン・バラハ前監督)の意向があった。もちろん、1部昇格が叶わなかったことと新型コロナウイルスの影響により、クラブ予算が大幅に減少したことも無関係ではないだろう。

 香川本人は引き続きサラゴサでプレーすることを望んでいただけに、想定外の事態となったわけだが、その一方で、契約解除によってフリートランスファー(移籍金なし)になったことで香川の選択肢が広がり、早い段階で新天地が決まるとも見られていた。