2020.12.18

モドリッチが大成したのはなぜか。超絶プレーを生み出す右足の秘密

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by AFLO

◆ロナウドはポジション転職最大の成功例。ウインガーからストライカーへ>>

 高身長が多いクロアチア人のなかで、172㎝のモドリッチはかなり小柄だ。体つきも細身。しかし、タフな環境で鍛えられて運動量があり、守備もうまかった。フィジカル面でタフなプレミアリーグにも適応し、レアル・マドリードへ飛躍することになる。

 仮にモドリッチが日本人だったら、もっと大事に育てられていただろう。隣国のいつ大ケガをするかもわからないリーグに、武者修行に出すような真似はしないはずだ。ただ、日本人MFがヨーロッパへ移籍すると、常に問題になるのが守備力である。守備を身に着けないまま移籍してしまうので、行ってから苦労するケースが多い。

 クラニチャールがいたこともあるが、10代のうちにタフな環境でプレーした経験は、モドリッチにとって大きかったと思う。

 もしかしたら、ボスニア・ヘルツェゴビナで大きなケガをして、世に知られないまま潰れていた可能性もある。それだけに、ディナモ・ザグレブ方式がよいと言いたいわけではない。

 だが、ヨーロッパは才能だけでは認めてくれないという違いはある。才能だけの選手ならほかにもいるのだ。だから、甘やかしてスポイルすることは少ない。潰してしまう危険はあるが、それならそれで仕方がないという考え方なのだ。

<アウトサイドキックの使い手>

 俊敏でテクニックは抜群、ゲームを読めて的確な判断ができる。モドリッチとクロースはフィールド上の監督と言っていい。

 モドリッチのテクニックで目立つのが、右足のアウトサイドでのパスだ。長短のパスをアウトサイドから繰り出す。

 かつてはアウトサイドの使い手はたくさんいた。アウトサイドキックが最も自然な蹴り方だったフランツ・ベッケンバウアー(当時西ドイツ)はともかく、ヨハン・クライフ(オランダ)やボルフガング・オベラート、ギュンター・ネッツァー(以上当時西ドイツ)など、アウトサイドでの弧を描くロングパスはプレーメーカーの得意技だった。