2020.11.17

カタカナ表記が定まらないチェルシーの名手。クロスのクセが強い!

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

早くもチェルシーの中心。カイ・ハフェルツの凄さはじわじわ来る>>

 チェルシーには、まだスターではないけれどもスター候補が多い。クリスチャン・プリシッチ(アメリカ)は、エデン・アザール(ベルギー/現レアル・マドリード)の後継者になれる才能がある。

 イングランド代表として期待がかかるメイソン・マウント、アブラハム、カラム・ハドソン=オドイ、ベン・チルウェルもいる。ドイツからはハフェルツとティモ・ヴェルナーも来た。

 新加入や若手の多いチェルシーのなかで、ツィエクとハフェルツはどことなくまだフワフワとしている。才能の大きさがどう着地するのか、いまひとつまだわかっていないふたりだ。

 ただ、彼らがピシャリとはまった時のチェルシーは、かなり面白い存在になるだろう。

関連記事