2020.10.03

ルイス・スアレスの即興プレーが証明。一流はすぐわかり合える!

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
パスを受けたスアレスはどう崩したか?

 バルセロナで絶対的なストライカーとして地位を築いた、ルイス・スアレス。在籍6シーズンの間に198ゴール(クラブ歴代3位)を記録し、2015-16シーズンには40ゴールでリーグ得点王にも輝いた。リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドの両雄が全盛のなか、そのタイトルは偉業と言えた。

 そんな偉大なストライカーも、この度構想外という形でその地位を失うこととなった。涙ながらに退団会見を行なったスアレスが新天地に選んだのは、リーグタイトルを争うライバルの一つ、アトレティコ・マドリードだった。

 退団から3日後のラ・リーガ第3節グラナダ戦、後半26分にジエゴ・コスタとの交代でスアレスは早速デビューした。ファーストタッチでマルコス・ジョレンテのゴールをアシストすると、後半40分にはヘディングで初得点を記録した。

右サイドからパスを受け、中を向いたスアレス。このあと中央のビトーロと、どんなコンビネーションを見せただろうか そしてアディショナルタイム、スアレスは右サイドのマルコス・ジョレンテからパスを受けて内側にターンした。次の瞬間、中央とのビトーロとのコンビネーションで、スアレスはどのように崩しただろうか?