2020.09.23

南野拓実の強みはどこか。
競争激化でクロップ監督の采配に注目

  • 田嶋コウスケ●文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

◆「和製ロナウド、小野伸二2世...。消えていった天才Jリーガーたち」はこちら>>

 南野拓実の所属するリバプールに、ふたりの選手が新たに加わった。

 ひとりは、スペイン代表MFのチアゴ・アルカンタラ。昨シーズンのバイエルンで欧州制覇に貢献したのは記憶に新しい。もうひとりは、プレミアリーグ・ウォルバーハンプトンのポルトガル代表FWディオゴ・ジョタ。

チェルシー戦では86分から出場した南野拓実 ふたりの新戦力が入り、2年目の南野にどのような影響が出てくるか。

「とにかくすばらしい選手。ここに来てくれて本当にうれしい」と、チアゴの加入を喜んだのはユルゲン・クロップ監督だ。「監督なら誰でもほしいワールドクラス」と手放しで絶賛する。

 チアゴはセントラルMFやアンカー、インサイドMF、トップ下としてプレー可能で、20日のチェルシー戦では大腿部に打撲を負ったMFジョーダン・ヘンダーソンに代わって、後半開始時からアンカーの位置で出場した。

 後半の45分間でプレミア新記録となる75本のパスを成功させ、入団からわずか2日後の試合で早くも存在感を示した。後半しか出場していないが、敵陣でのパス成功本数56本も、今季プレミアで4位の数字だ(1位はクリスタル・パレス戦でフル出場したマンチェスター・ユナイテッドのブルーノ・フェルナンデスの64本)。

 持ち味は、やはり正確無比なパスにある。走り込んだ味方の足もとにピタリとつけるスルーパスは秀逸で、敵に囲まれてもドリブルで前方に駆け上がり、相手のプレスを無効化するテクニックも備えている。

 英衛星放送スカイスポーツは「チアゴの加入は、ボール・ポゼッションの点で大きな力になる。少ないタッチでボールを動かし、チャンスをつくる。とくに、相手が守備を固めてきた時に威力を発揮する」と指摘。「リバプールは中盤中央部からのゲームメークに課題がある」とし、「チアゴはそれを解決してくれる」と伝えた。