2020.08.23

疾風怒濤。バイエルンのレバンドフスキとニャブリの破壊的攻撃を見よ

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

【動画】CL準決勝バイエルンvsリヨンハイライト>>

Answer
斜めに抜け出したレバンドフスキとのパス交換で、ニャブリがフィニッシュ

 ニャブリが前を向いてボールを持ち出した瞬間の、レバンドフスキの質の高い動き出しが最大のポイントである。

斜め前に動いたレバンドフスキとのパス交換で、ニャブリがゴールを決めた  浮き球のパスをニャブリがトラップすると、対応しようとしたセサル・アスピリクエタが足を滑らせ、ニャブリはフリーでボールを持ち出すことができた。それを見たレバンドフスキは、アントニオ・リュディガーとアンドレアス・クリステンセンの間から左斜めに動き出した。

 このダイアゴナルランで、レバンドフスキがクリステンセンの背後を取ると、ニャブリはすかさずスルーパスを送った。レバンドフスキが完全に抜け出す形になり、リュディガーは中央を空けてでも対応に動かざるを得なかった。行かなければレバンドフスキにとってはイージーな、GKとの1対1の場面になる。

 そうしてガラ空きになった中央のスペースにニャブリが走り込むと、レバンドフスキはリュディガーを十分に引きつけて折り返しのクロス。これをニャブリが押し込んだ。

 リュディガーが釣られた時点で勝負アリ。レバンドフスキの質の高い動きからチェルシーの中央をいとも簡単に攻略した、ふたりの見事なコンビネーションによるゴールだった。

【動画】バイエンンのCL怒涛のゴールハイライト
(チェルシー戦のゴールは、7分14秒~7分30秒)

関連記事