2020.08.22

CL決勝バイエルン優位の理由。
ネイマールのメッシ的動きが問題に

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Reuters/AFLO

「バルサ新監督に悪評の嵐」はこちら>>

 準々決勝以降を90分1本勝負で争ってきた2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)。現地時間8月23日、ポルトガルの首都リスボンで行なわれる決勝には、パリ・サンジェルマン(PSG)とバイエルンが進出した。

 バイエルンの決勝進出はCL史上(1992-93シーズン以降)6回目。前身のチャンピオンズカップ(CC)時代を含めると11回目となる。一方、PSGはCC時代を含めてこれが初めてだ。

初のチャンピオンズリーグ決勝に挑むパリ・サンジェルマンのアンヘル・ディ・マリアとネイマール ドイツ勢の決勝進出がCL史上9回目であるのに対し、フランス勢は3回目。ドイツ勢対フランス勢の対戦になると、CC時代の44年前(1975-76 シーズン)にあったバイエルン対サンテティエンヌ以来、史上2度目の決勝での対戦になる。

 ブックメーカー各社が優勢を伝えるのはバイエルンで、最大手であるウィリアムヒル社は、バイエルンの勝利を1.44倍、PSGを2.62倍と予想している。

 監督や選手は当然、こうした予想を知っている。弱者と目されるPSG側が、その認識をどれほど持てるか。自らの立ち位置に相応しいチャレンジャーとして、バイエルンに対峙できるか。この決勝戦はPSGの出方にかかっている。

 PSGは準々決勝(アタランタ戦)、準決勝(ライプツィヒ戦)を含め、ここまで真逆の戦いをしてきた。格下を相手に、いわば"厚かましい"サッカーをしてきた。

 今季、フランス国内においてもタイトルを総なめ。ここ数年、それに近い状態をずっと保っている。一強時代を築いている。これまではその流れでCLを戦い、それが大一番でマイナス要素として働いてきた。しかし、バイエルンは強い。今季はとりわけである。

 先の準決勝、PSGは前線にアンヘル・ディ・マリア、ネイマール、キリアン・エムバペの3人を並べだ。

 左利きのディ・マリアは右サイドでプレーする時間が長かったが、他の2人はよくわからないポジション取りをした。臨機応変にポジションを移動したという感じではない。この3人の中で最もスター性が高いネイマールが、自由に動き回っていると言うべきだろう。その奔放な振る舞いにPSGの傲慢さが集約されている。