2020.08.07

メッシが同じスーパープレーを何度も決められる不思議を解明する

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by AFLO

 正確に隅をついている。GKとの駆け引きもあるだろう。ただ、どうにもならないシュートには見えない。しかし、現在のゴールならあれで十分入る。この過不足のなさは、FKだけでなくメッシのプレー全体の印象でもある。

 無駄を削ぎ落としたミニマリズム。どこまでも簡素。あまりに研ぎ澄まされ、すごすぎて、かえってすごさがわからなくなりそうだ。メッシがプレーした時代に居合わせたのは幸運なのだろうが、メッシが基準になってしまう次世代の選手たちにとってのハードルは高い。

 メッシを見慣れてしまったファンは目が肥えすぎて、メッシが引退したら本当に満足を得ることが難しくなってしまうのではないだろうか。

関連記事