2020.06.23

カズのジェノアでのプレーより
印象に残ったスタジアムと震災の記憶

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

追憶の欧州スタジアム紀行(12)
スタディオ・ルイジ・フェッラーリス(ジェノバ)

 欧州でクラブサッカーのダービーマッチを観戦するのは、この試合が初めてだった。1994年4月、スタディオ・ルイジ・フェッラーリスで行なわれたサンプドリア対ジェノアのジェノバダービーである。

 上から青白赤のユニフォームに身を包むサンプドリアと、黒白青のジェノア。ホームのサンプドリアサポーターが陣取るのは、正面スタンドから見て右側のゴール裏席で、その応援旗が、天井部手前に設置されたレールを伝ってカーテンのごとく広く幕を張ると、場内の殺気は最高潮に達するのだった。

 その光景を、発煙筒の火の粉を容赦なく浴びながら撮影するカメラマンの姿は、いまだ鮮明に記憶にある。ジェノバは港町。そのダービーは、さながら海賊たちの戦いをイメージさせた。

ジェノアとサンプドリアの本拠地、スタディオ・ルイジ・フェッラーリス サンプドリアには当時、1987年にバロンドールに輝いたルート・フリットがいた。背番号4を付け、ロベルト・マンチーニとともに2トップを張っていた。前半13分には、ハーフウェイ付近から4人を抜き去りシュートを決めた。

 後半14分に放ったシュートも圧巻だった。そのインステップキックは、GKステファノ・タッコーニの真正面に飛んだにもかかわらず、彼はパンチで逃げた。ズドーン! 瞬間、スタジアムは、ヘビー級のボクサーのパンチが炸裂したような重低音に揺れた。