2020.06.20

久保建英に現地紙は高評価。
レアル・マドリードの選手として試練は続く

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Agencia EFE/AFLO

 リーガ・エスパニョーラ第30節。6月19日。18位のマジョルカは本拠地ソン・モイスに、最下位20位のレガネスを迎えている。降格回避を懸けた直接対決。注目の結果は、マジョルカが先制しながら終盤に追いつかれ、1-1と痛み分けに終わった。

レガネス戦に先発、81分までプレーした久保建英(マジョルカ) マジョルカの久保建英は、チームの攻め手が少なすぎたこともあって、華々しいプレーを見せることができていない。連戦による疲労の蓄積もあるのか。いつもなら抜け切るところで、違いを見せられなかった。

 もっとも、スペイン大手スポーツ紙『アス』が星ふたつ(0-3の4段階評価)をつけているように、その存在は欠かせなかった。チームを救うセービングを見せた守護神マノーロ・レイナ、FKを放り込んだ主将サルバ・セビージャと並びチームトップ。『エル・ムンド・デポルティーボ』紙も星ふたつをつけた。

 では、リアルな久保の評価とは――。"世界に冠たるレアル・マドリードの選手"としての試練がそこにあった。

 試合は序盤から、レガネスがペースを握っている。5-2-1-2のような布陣がはまり、ボールを回す時間が長く、相手ゴールに近い位置でプレーしていた。しかし一瞬のスキを突かれ、ディフェンスがクチョ・エルナンデスを後ろから倒し、FKを与えてしまう。壁が不用意に跳んだ下を抜かれ、サルバ・セビージャに決められてしまった。