2020.06.13

久保建英を「爺さん」と監督が賛辞。
現地紙はメッシと比較しての評価も

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki,
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 2019-20シーズンのリーガ・エスパニョーラ。6月4日に19歳になった久保建英(マジョルカ)の進撃は目覚ましい。

「久保の活躍は喜ばしいよ」

 マジョルカのビセンテ・モレーノ監督は言う。

「私は、彼を"久保爺さん"と言っている。それは久保が年齢以上に老成しているからだ。いつも明確なアイデアを持ち、視界が開けている。また、重要な選手でありたいという気持ちが強く、入団した時と比べて、まったく違う選手に成長している。プレーヤーとして、あらゆる側面で改善している。とてもいい未来が待っているだろう」

今季は残り11試合。1部残留を目指すマジョルカの久保建英 手放しに近い賞賛である。

 2019年、FC東京での成長・進化も信じられないほどだったが、スペインでもその曲線の角度は落ちていない。

「マジョルカはリーガ最弱の戦力で、2部、1部と2シーズン続けて昇格したチームだけにチームの絆は分厚く、極端に守備重視」という見方が一般的だ。

 久保が失敗したとしても、エクスキューズになる要素ばかりだった。だが、彼は圧倒的な技術力でチームメイトを納得させた。攻撃の旗手として、強靭な精神力でチームを引き上げ、軽やかに壁を乗り越えたのだ。