2020.05.25

久保建英のゴール前の駆け引きから
「サッカーIQ」の高さがわかる

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ
〜勝負を決めるワンプレー~

Question
次のシーンで、久保はどんなプレーをしたか?

 2019年、FC東京からあのレアル・マドリードへ、日本人初の移籍を実現させた久保建英。レンタル先のマジョルカでラ・リーガデビューを果たすと、公式戦24試合に出場。そのうち13試合で先発するなど、ルーキーにして主力の一人として活躍している。

 観る者へとくにインパクトを与えたのは、ドリブル突破だ。ホームデビューとなった第4節のビルバオ戦では、途中出場からいきなり果敢なドリブルでPKを獲得。サポーターの心を一気に鷲掴みにした。久保はその後の試合でも、キレのあるドリブル突破や精度の高い左足のキックで相手DFを翻弄し、違いを生み出せるクオリティを示した。

 そして、中断前最後の試合となった第27節エイバル戦でも、久保はオン・ザ・ボールでの駆け引きで魅せた。

相手DFを前にしてボールを受けた久保。このあと、どんなプレーをしたか 後半33分、バイタルエリアで前を向いてパスを受けた久保。この時、パスを出したアレハンドロ・ポゾが、右サイドから久保の背後を回って左へ抜けようとした。さて、久保は次のプレーでどうしただろうか?