2020.05.12

キエフのシェフチェンコとゲルマン魂。
キレたジーコと美人記者の質問

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 そしていま一度、想起したくなるのは1998-99のCL準決勝だ。あの時、ディナモ・キエフがバイエルンのゲルマン魂を封じ込んでいたら......。

 その3年後の2002年に没することになる当時の監督、ヴァレリー・ロバノフスキーにとっては、悔やんでも悔やみきれない敗退劇だったに違いない。

 グラスゴーのハムデンパークで行なわれたその年(2001-02シーズン)のCL決勝、レアル・マドリード対レバークーゼン戦では、試合前、ロバノフスキーの冥福を祈り、黙祷が捧げられた。



関連記事