2020.04.21

「東欧のマラドーナ」は技の宝庫。
ハジの芸術的パスと伝説のゴール

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(2)
ゲオルゲ・ハジ(1994-95)

 身長は173cmと小柄。ルックスはお世辞にもかっこいいとは言えない。どちらかといえば悪役に近いふてぶてしい顔立ち。それがひとたびボールを持てば、繊細かつ大胆なプレーでサッカーファンを魅了した。

 ゲオルゲ・ハジは1965年、ルーマニアの北西部にある小さな街で生まれる。国内では早くからその才能が注目され、18歳で代表に選ばれる。名門ステアウア・ブカレスト時代には、チャンピンズカップ(現在のチャンピオンズリーグ)準優勝に貢献した。

 1990年のイタリアW杯で活躍すると、スペインの名門レアル・マドリードに移籍。その後、いったんイタリアのブレシアに移籍するものの、1994年、アメリカW杯でルーマニアを初のベスト8進出に導き、今度はバルセロナに移籍する。

アメリカW杯でルーマニアをベスト8に導いたゲオルゲ・ハジ 1996年にトルコのガラタサライに移籍すると、リーグ4連覇に貢献。2000年にはUEFAカップ優勝を達成する。しかも、これはトルコのクラブ史上初の快挙であり、無敗でUEFAカップを制したのも史上初めてだった。ガラタサライで背番号10番を背負い、キャプテンとしてチームを牽引したのがハジだった。