2020.03.29

セリエA選手のコロナに負けない心意気。
「家にいよう」とSNSで様々な配信

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko
  • photo by AP/AFLO

 新型コロナウイルスの蔓延で大打撃を受けているイタリア。多くの感染者、死者が出ており、現在、全土に自宅待機命令が出ている。

 もちろん、サッカーも中止を余儀なくされている。セリエAは3月第1週に無観客試合を戦ったあと、無期限に延期された。選手にも陽性者が出ている。ユベントスのダニエレ・ルガーニを皮切りに感染者は増え続け、セリエAではユベントス3人、吉田麻也が所属するサンプドリア7人、フィオレンティーナ3人、ヴェローナ、ミラン、アタランタ各1人と、計16人の感染が確認されている(3月27日現在)。ちなみにミランの感染者はダニエレ・マルディーニで、父親のパオロ・マルディーニも陽性だった。

サン・シーロ・スタジアム(ミラノ)界隈にも人影はない しかし、どんなに困難な状況のなかでもユーモアを忘れないのがイタリアである。家から出られないなら......と、自分の家のベランダに出て皆で歌を歌ったり、楽器を演奏したり、果てはDJミキサーを持ちだし、大音量で音楽をかけ、町全体がクラブのようになってしまうこともある。