2020.03.09

久保建英ら日本人選手への影響は?
FIFAがレンタル移籍を来季から制限

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

 2月27日、FIFA(国際サッカー連盟)はかねてから議論されてきたローン(レンタル)移籍に制限をかけるための新ルールについて、FIFAフットボールステークホルダー委員会において合意に達したことを発表。今年7月の総会での承認を経て、来シーズンから施行される見通しとなった。

マジョルカにローン移籍中の久保建英 今回合意された新ルールの対象となるのは、22歳以上の選手。これまで無制限だった1シーズンにおける1クラブの国際間ローン移籍人数は、2020−2021シーズンからは貸出(放出)と借入(獲得)の上限がそれぞれ8選手に、2022−2023シーズンまでにはそれぞれ6選手に制限される。

 さらに同一クラブ間で行なえるローン移籍は、貸出と借入をそれぞれ1シーズン3人までという上限も設けられた。

 また、同国内(同協会)でのローン移籍人数についても、3年の猶予期間を設けつつ、国際間ローン移籍と同じルールを適用することも決定。当然、Jリーグも2023シーズンまでにはこの新ルールを導入することになるため、Jリーグの移籍市場と各クラブの強化策にそれなりの影響を及ぼすことは間違いないだろう。