2020.03.06

南野拓実がリバプールに
フィットしてきた。「毎日必死です」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 3月3日に行なわれたチェルシーとのFAカップ5回戦で、南野拓実は約1カ月ぶりに先発出場を果たした。

久々にスタメンとしてピッチに立った南野拓実 この1カ月間、南野はベンチ暮らしを強いられてきた。

 最後の先発は、1月26日に行なわれたFAカップ4回戦のシュルーズベリー・タウン戦。その後の6試合のうち、途中交代での出場は2月1日のサウサンプトン戦(後半36分から出場)と2月29日のワトフォード戦(後半34分から出場)の2試合で、残りの4試合で出場機会がなかった。

 ちょうどこの時期は、リバプールで続出していた故障者が順次復帰してきたタイミングでもあった。ベンチにも優れた選手が揃うリバプールのなかで、南野は18人の登録選手に入るか入れないかの微妙な立場に置かれるようになった。世界王者の壁に直面していると、そう言っても差し支えないだろう。

 その代わり、チームの優先順位が落ちるFAカップで、日本代表アタッカーは移籍後の3回戦から先発起用されてきた。若手を入れた1.5軍編成ながら、今回の5回戦チェルシー戦でも4−3−3のCFとして先発した。