2020.02.18

ケガ人続出のアトレティコを、チーム最大の
武器が大一番で後押しする

  • 高橋智行●文 text by Takahashi Tomoyuki
  • photo by Getty Images

 アトレティコ・マドリードにとって今シーズンの大一番、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第1戦が刻一刻と迫っている。

アトレティコ・マドリードにとって、CLでのリバプールとの一戦は、今シーズンの大一番になる 欧州王者であり世界王者のリバプールは、プレミアリーグ17連勝中と圧倒的な成績で首位をキープし、CL連覇を目指す強豪。今冬の移籍市場でザルツブルクから補強した日本代表FW南野拓実は、2月15日のプレミアリーグ第26節ノリッジ戦でベンチ外となっているため、この試合の出場は微妙なところである。

 チャンピオンをホームに迎えるアトレティコは、アントワーヌ・グリーズマン(現バルセロナ)やディエゴ・ゴディン(現インテル)など、相次ぐ主力の退団により変革を迫られ、今シーズンは苦しい時間をすごしている。そんな状況下でもCLではグループリーグを勝ち抜き、1月のスーペルコパ準決勝ではバルセロナを破り、スペインビッグスリーの面目を保った。

 しかしその後、コパ・デル・レイ(国王杯)では、セグンダB(3部相当)のクルトゥラル・レオネサにまさかの敗北を喫し、リーガでは勝ち点獲得に苦しんでいる。第24節終了時点で、首位レアル・マドリードに勝ち点13差、2位バルセロナに12差をつけられているだけでなく、クラブ規模ではるか下のヘタフェにも勝ち点2上回られ、4位だ。