2020.02.08

レアル・マドリードが好調を維持。
ジダンが見出したベスト布陣

  • 高橋智行●文 text by Takahashi Tomoyuki
  • photo by Getty Images

 わずか1週間という短期間で、レアル・マドリードがコパ・デル・レイ、ラ・リーガ、チャンピオンズリーグ(CL)の全タイトルを失い、マドリディスタが絶望を味わった時から約1年が経つ。

 指揮官ジネディーヌ・ジダンは、今シーズン絶えず試行錯誤を繰り返し、チームは2月6日のコパ・デル・レイ敗戦まで、公式戦21試合連続無敗をキープした。昨年10月19日にアウェーで行なわれた、久保建英擁するマジョルカ戦での敗戦から、15勝6分0敗だった。

シーズン中盤を21戦負けなしで進んだレアル・マドリード。アトレティコとのダービーでは、好調のベンゼマがゴール クラブおよびラ・リーガ史上の公式戦連続無敗記録は、ジダンが率いて達成した2016-17シーズンの40試合だ。現在チームは、ジダン自身が樹立した大記録に向かい、一歩一歩着実に進んでいる。

 2020年に入り、レアル・マドリードはサウジアラビア開催のスーペルコパで、バレンシア、アトレティコ・マドリードを撃破し今季初タイトルを獲得。ラ・リーガでは、ヘタフェ、セビージャ、バジャドリード、アトレティコ・マドリード相手に4連勝して首位の座を奪還している。残念ながら、メンバーを大きく入れ替えたコパ・デル・レイでは、準々決勝でソシエダに敗れてしまった。