2020.01.25

南野拓実には覚悟がある。
「ピッチに立たないと見えない景色がある」

  • 田嶋コウスケ●取材 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 その時は突然、訪れた----。

 前半32分、左FWとして先発していたサディオ・マネは太もも裏を抑えて倒れ込むと、ベンチに向かって交代を求めた。タッチライン際では、ちょうどその10分前からベンチスタートのMFファビーニョ、FWディボック・オリジ、MF南野拓実の3人がウォームアップを開始していた。

南野拓実がリーグ3戦目でようやくプレミアデビューを飾った 試合は、まだ30分を経過したばかり。しかも、相手は「強豪キラー」と呼ばれる難敵ウルバーハンプトン・ワンダラーズである。クラブ在籍歴の長いオリジが投入されると思われたが、ユルゲン・クロップ監督が声をかけたのは、加入から3週間しか経っていない南野だった。

 突然の出番到来に、南野には感慨に浸る時間も、緊張感に襲われる時間も、驚く時間もなかったという。

「そんなことを考えている時間もないというか。『早く準備して、すぐ行くぞ』という感じだった」

 クロップ監督に首を掴まれながら指示を仰ぐと、南野はわかったと言わんばかりに指揮官の背中をポンと叩く。前半33分、25歳の日本代表はプレミアリーグのピッチに入った。

 急に決まったリーグデビューだったが、それでも頭と心は準備が整っていたという。ピッチで何をすべきかを考えてフィールドに飛び出したと、南野は語る。

「サディオ(マネ)がダメとなった瞬間、代わりに攻撃的なポジションの選手を入れるのはわかっていました。『いつでも行けるぞ』って気持ちはありましたし、その準備もしていました。

 やるべきことを頭の中で早く整理し、それをピッチの中で掴む。チームにフィットするということを、まず考えて入りました。(投入は)前半の終わりのほうだったし、試合にどれだけうまく入れるのか、というのが非常に重要でした」

 だが、フィールドでは連係面で難しさを抱えた。

 デビュー戦となったエバートンとのFAカップ3回戦ではCFとしてプレーしたが、今回は「最近練習でプレーしている」(クロップ監督)というウィングの位置に入った。