2019.10.09

吉田麻也は「南野拓実の可能性」
「久保建英の語学力」にも注目

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 サウサンプトンの吉田麻也が公式戦3試合連続で先発出場を果たした。

 10月6日に行なわれたプレミアリーグ第8節のチェルシー戦で、4-3-3の左CBとして先発。開幕当初はレギュラーの座から離れていたが、リーグカップ3回戦のポーツマス戦(9月24日)、プレミアリーグ第7節のトッテナム・ホットスパー戦(9月28日)、そして今回のチェルシー戦と、秋口に入ってからスターティングメンバーに名を連ねるようになった。

チェルシー戦に先発出場した吉田麻也 だが、チームは若手の成長著しいチェルシー相手に失点の山を築いた。前半40分までに3点を奪われると、試合終了間際に追加点を許して1-4の敗戦──。

 吉田は「失点の仕方がチープ(安易)すぎる。接戦というか、もっと競り合った試合をしていかなければ」と嘆き、プレミアリーグ2試合連続の先発出場にも「チームとして2連敗していますから、そうなると苦しい。代表戦から帰って来てどうなるか」と険しい表情を見せた。

 サウサンプトンは、これでリーグ3連敗。降格圏に近い17位に沈み、厳しい戦いを強いられている。

 さて、週末の試合を経てプレミアリーグは一旦中断し、国際Aマッチウィークに入った。チェルシー戦の翌日には、吉田も日本代表の10月シリーズに参戦するために機上の人となった。

 ホームのモンゴル戦(10日)とアウェーのタジキスタン戦(15日)に向けて、代表主将は何を思うか。吉田は次のように語った。

「ここでしっかり勝ち点3を取って、正直、予選で余裕を持ちたい。確実に6ポイントを取れれば、だいぶ大きいかなと思います。

 僕だけじゃなくて、ヨーロッパのクラブに在籍している選手は、みんなリスクをかけて代表に行くわけで。9、10、11月と代表戦が続くのは、フィジカル的にも苦しくなると思います。(森保一)監督も言ってましたけど、そこは避けては通れないところなので、それを経験して乗り越えていく。

 今のうちに、若い選手はそういう経験をたくさんすべきだと思いますし、その先にW杯が待っている。苦しいことを乗り越えていって成長していけば、ラグビーW杯の日本代表チームみたいに大きなことを成し遂げられる可能性がより出てくるんじゃないかと思います」