2019.10.02

ブンデス2部で明暗。笑顔の宮市亮、
出場ゼロの遠藤航、悩む原口元気

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 今季、3人の日本人選手がプレーしているブンデスリーガ2部。だが、その戦いは容易ではない。

 原口元気は1部から降格したハノーファーにそのまま所属している。移籍を模索したようだが、結果的に残留した。今季ここまでリーグ戦8試合中7試合に出場しているが、得点はなし。チームは現在、18チーム中15位に低迷している。ハノーファーはそもそも1部と2部を行ったり来たりしてきたクラブだが、それにしても満足できる成績とは言い難い。遠からずミルコ・スロムカ監督は解任される可能性も十分にある。

大敗したニュルンベルク戦にフル出場した原口元気(ハノーファー) また、シント・トロイデン(ベルギー)では主力として役割を果たしていた遠藤航だが、移籍したシュツットガルトでは未だに出場がない。ハノーファーとは真逆で、チームは首位につけている。主力メンバーが好調なため、ベンチにすら入れないこともある。何とかつけ入る隙を探しているところだ。

 一方、安定したプレーを見せているのがザンクト・パウリの宮市亮だ。2015年の入団以来、年単位の長期のリハビリが必要となる膝の大ケガを2度も負いながら、本格的な復活を遂げた。今季は8戦すべてにフル出場している。ゴール数こそ1にとどまっているが、ヨス・ルフカイ監督から高い信頼を受けていることがわかる。

 現在6位のザンクト・パウリ。宮市はルフカイの「必ず昇格を目指す」という姿勢に共鳴し、生き生きとプレーしている。リハビリ中に走り方のトレーニングも受けたと言い、「脚が速くなっているんですよ!」と笑顔を見せた。プロに入って、ようやく長期間にわたり納得のいく日々を送ることができている。

 9月30日の第8節、原口の所属するハノーファーはホームでニュルンベルクに0-4と大敗。原口自身は2試合連続のフル出場。前半は4-3-3の左FWで出場した。

 ハノーファーはシンプルなカウンターを受け、前半だけで3失点している。原口と対面したニュルンベルクの右SBオリバー・ゾルクは昨季までハノーファーでともにプレーした選手。原口の特徴を知っているだけに、なかなか自由にさせてくれなかった。

 試合後、原口はさばさばした様子で話した。