2019.10.02

堂安律の序列が上がった!
初ゴールを決められた3つのポイント

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by Getty Images

 9月29日に行なわれたズヴォレ戦に、PSVのマルク・ファン・ボメル監督は1週間前のアヤックス戦(1-1)と同じスタメンを組んできた。これがPSVにとって、現時点でのベストメンバーなのだろう。

 それでも、堂安律はチーム内の序列を上げていた。アヤックス戦で出場機会を得ることのなかった堂安だが、ズヴォレ戦の後半開始早々にFWブルマが負傷すると真っ先に声をかけられ、軽くアップをしただけで「交代一番手」として51分にピッチに送り込まれた。

PSV移籍後、待望の初ゴールを決めた堂安律 アヤックス戦とズヴォレ戦を挟んで行なわれた9月25日のフローニンゲン戦(3-1でPSVの勝利)で、ファン・ボメル監督は”ベストメンバー”から4人を入れ替えるローテーション制を採用した。その試合で堂安はPSV移籍後、初のスタメンの座を得てフル出場を果たした。

 決して強いインパクトを残すプレーではなかった。だが、それでもファン・ボメル監督は、「堂安はとても安定したプレーをしてくれた。わずかに仕掛けがうまくいかないこともあったが、彼は本当のチームプレーヤー。エキストラな力を持った選手」とポジティブに評価していた。

 これまで堂安は、PSVの一員として4試合(オランダリーグ3試合。ヨーロッパリーグ1試合)に出場。ファン・ボメル監督からはチームプレーヤーと讃えられたが、堂安は「最近は積極的に行かなくて、後悔する試合が多かった」と、自身のパフォーマンスに忸怩(じくじ)たる思いを抱えていた。

「『ボールを預ければなんとかしてくれる選手』が周りにいるからこそ、少しリスクを犯して自分から仕掛けるよりも、周りに渡してしまった。いい意味でチームプレーに徹していたが、それじゃあ自分らしくないし、やっているほうも楽しくないし、見ている人もたぶん楽しくない」

 ボールを失ってもいいから、思いっきりプレーしよう――。その気持ちを抱えてピッチに入ったズヴォレ戦の堂安は、積極的にシュートを打ちにいった。60分のミドルシュートはファン・ウェルメスケルケン際に当たってコーナーキックになり、65分のカットインシュートは相手GKが飛んで弾いた。