2019.08.02

久保建英、開幕戦でトップチーム入りの
可能性。ファンは過半数が支持

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by ZUMA Press/AFLO

「多くの下部組織出身選手が、我々(トップチーム)に帯同してきた。久保は将来的には重要な選手になるだろうが、まだマドリードに来たばかり。スペインに戻ってから、彼と対話を図り、今後のことを決めたい」

 7月31日のフェネルバフチェ戦後、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は記者会見で、日本代表FW久保建英についての所見を語っている。当面は、カスティージャでのプレーを示唆した。

フェネルバフチェ戦に73分から出場した久保建英(レアル・マドリード)「まずは、カスティージャ(2部Bに在籍するセカンドチーム)での久保(の試合)を観察することになるだろう。トレーニングはトップで積みながら、どのように適応するのか。それを見極めるのがいいのではないか。久保はロドリゴ(・ゴエス)、ヴィニシウス(・ジュニオール)のようにとても若く、これからの選手。じっくりと向き合っていきたい」

 指揮官の言葉は、なにより重い。久保の主戦場は、本当にカスティージャになるのか?

 プレシーズン、久保はチーム内で最も評価を高めた選手と言えるだろう。

 バイエルン、アトレティコ・マドリード、トッテナム・ホットスパー、そしてフェネルバフチェと各国の有力クラブを相手に、少しも物おじしなかった。少ない出場時間で、必ず存在感を示していた。低調なチームの中、ルーキーが力を発揮するのは簡単なことではない。

 久保はうるさ型のスペインのファンや記者に認めさせた。たとえば、短い時間でもきわどいシュートを放っているのは、評価のポイントのひとつだろう。拮抗したレベルでは、そもそもシュートを打つのは容易でないが、それを軽々とやってのけた。

 アトレティコ戦は左足のミドルを欧州屈指のGKヤン・オブラクにお見舞いし、得点の契機となっている。トッテナム戦も、相手をブラインドにする巧妙なシュートを左足で2本放ち(1本はDFの顔面に直撃)、フェネルバフチェ戦では、ドリブルから相手のタイミングをずらす右足ミドルでGKを慌てさせた。両足でのシュート精度の高さは、トップレベルでも際立っている。