2019.04.27

34歳カソルラ、37歳ホアキン…
リーガ終盤、ベテランたちが熱い!

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Getty Images

 その楽観的な悟りが、彼にサッカー選手としての力を与えたのだろうか。ホアキンはベティス、バレンシア、マラガ、フィオレンティーナでプレーを続け、生まれ故郷のベティスに戻ってきた。そして「欧州最高」と言われたボールテクニックを、卓越した戦術眼でアップデートし、披露している。

「(ベティスの)キケ・セティエン監督のプレースタイルのおかげで、自分のプレー時間は延びたと思っているよ。もし以前と同じようにプレーすることを要求されていたら、きっと引退していただろうね。とにかくボールを多く触り、走る距離は少なくなった。よりプレーに関与し、それで勝つこともできている。楽しくないはずがないよ!」

 ホアキンは明るく言って、第二の春を謳歌している。

 老いてはますます壮なるべし。人はあきらめたときに、年を取るのだろう。面白がれなくなったときも、老いる。彼らは”若さ”を失っていないのだ。
 

関連記事