2019.03.06

香川真司放出のドルトムントが
CL敗退。なぜ勢いをなくしたのか

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でドルトムントが姿を消すことになった。トッテナムとのアウェーでの第1戦に3-0と大敗したのに続き、第2戦も0-1で敗れ、1点も取ることができずに2連敗というありさまだった。

 ホームでの第2戦、ドルトムントは圧倒的に攻め立てた。ポゼッションは62対38、シュート数は12対4、成功したパスの本数は700対332。ほとんどの数字で上回ったが、たったひとつ、ゴールだけが及ばなかった。

 3点差を挽回しようと焦るドルトムントを尻目に、トッテナムはゆったりと試合を進めた。後半に入って、49分にDFの穴をついたハリー・ケインがゴールを決めると、ドルトムントのプレスは徐々に弱まっていく。トッテナムが守備固めの選手交代を行ない、露骨に後ろの枚数を増やしたのと対照的に、ドルトムントは次々にアタッカーを投入していったが、実らなかった。

トッテナムに敗れ、チャンピオンズリーグ敗退が決まったドルトムント それでもドルトムントのゴール裏は最後まで温かかった。主将のマルコ・ロイスは「サポーターの声援は鳥肌モノだった」と、感謝の言葉を述べた。

 ドルトムントのルシアン・ファブレ監督は、試合をこう振り返った。

「今日は前半にたくさんの、後半にもいくつかのチャンスがあった。失点したあとも我々は勇気を持ってよく戦った。今日は点が取れなかっただけだ」

 たしかにそうかもしれないが、この勝負は90分だけを見るべきではなく、2戦合計180分で考えるものだろう。第1戦の大敗で事実上、決着はついていた。そして、この結果が想像に難くないものであったのは、何も第1戦のせいだけだったわけではない。