2019.02.20

堂安律が目指すもの。
「世界中どこでも気づかれる存在になる」

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 2月17日にエールディビジ第22節が行なわれ、フローニンゲンがフェイエノールトを1-0で破った。フローニンゲンの放ったシュートが20本(枠内シュート7本)だったのに対し、フェイエノールトはわずか4本(同1本)。得点差以上の、フローニンゲンの完勝だった。

フェイエノールト戦でも好プレーを連発して勝利に貢献した堂安律 15位でウインターブレークに入ったフローニンゲンは、現在勝ち点27の9位。16位のエメンとの勝ち点差はわずか3しかないため、降格の危機が去ったわけではない、だが、ヨーロッパリーグ出場権をかけたプレーオフ(4位から7位までのチームで争われる。KNVBの優勝チーム次第では8位チームも出場可能)に進出する可能性も出てきた。

 堂安律はゴールこそなかったものの、フェイエノールト戦で好プレーを連発した。

 前半はフローニンゲンのハイプレッシングがハマったことで、フェイエノールト陣内の深い位置でボールを受けることが多かったが、右SBデヨファイシオ・ゼーファイク、ストライカーのカイ・シールハイスとのコンビネーションを交えながら狭いエリアを突破。右サイドからのフリーランニングでペナルティエリア内まで潜り込み、味方からのリターンパスを受けて果敢にシュートを放っていた。

 後半はフェイエノールトがボールを長く保持したが、その分、スペースが生まれて堂安のロングドリブルが効果的だった。フェイエノールトはMFトニー・ヴィリェナと左SBカルヴィン・フェルドンクが堂安を見張るものの、堂安は度々このふたりを一気に抜き去った。自陣からロングドリブルで仕掛けてシュートを放った3分後には、何度も堂安に抜かれていたヴィリェナが故意にファウルする場面もあった。

 ただ、フローニンゲンは攻守にわたって強度の高いプレーを求められたのだろう。タイムアップの笛が鳴った直後には、ピッチに倒れ込む者もいた。堂安もしばらく、ピッチの上に座り込んでいた。

「キツかった。アジアカップの時から、ふくらはぎが......。今は様子を見ながらやっている状態です」