2019.02.06

岡崎慎司はアジア杯の日本戦を
全チェック。「もっと上を目指さないと」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 アジアカップは、決勝で日本がカタールに敗れて幕を閉じた。

 開催地のUAEから遠く離れたイングランドで、レスター・シティのFW岡崎慎司は日本代表の試合をすべて観戦したという。グループリーグ初戦から決勝まで合計7試合。準決勝で難敵イランを3−0で下すと、試合をこなしながらたくましさが増していった日本代表の戦いぶりに、「泥臭く、チャレンジャーとして戦えている」と目を細めた。準決勝後、岡崎は次のように語った。

マンチェスター・ユナイテッド戦は後半途中から出場した岡崎慎司「僕がW杯に出た時や、前回のアジアカップの時は、もっと『こういうサッカーで』とイメージを持ちながらやっていた。だけど、今の日本代表を見ていると、『まずは泥臭く』という面が出ている。チャレンジャーとして戦えていると思う。

 たとえば、イラン戦の下馬評は、相手のほうが上だった。イランは『負けなし』で、国民の期待も背負っていた。だけど、そのせいで日本が前半の立ち上がりにプレッシャーをかけたら、彼らはかなり焦った。地に足をつけて日本代表が戦っている姿を見て、すごく刺激になりました」

 しかし、決勝で日本はカタールに1−3で完敗する。

 敗戦後、岡崎はツイッターで「変なプライドがなく泥臭くても勝とうとするチームはカッコよかった」と述べるのと同時に、「泥臭いだけでは勝負に勝てない厳しさを思い出した。戦術や運など考えれば原因はあるけど、選手なら力のなさを悔いるはず」と指摘した。

 泥臭いだけでは勝てない勝負の厳しさ――。決勝後、あくまでも「選手側の視点」でその真意を次のように説明した。

「敗戦の理由が、戦術なのか、フィジカルなのか、コンディションなのか。『もうちょっとこういうふうにやっておけば……』というのはいろいろあると思う。ただ、それを探るのは選手以外の人の役割かと。そういうふうに思ったのでツイートしたんです。