2019.01.24

アジア杯に呼ばれずベルギー人は驚き。
鎌田大地が新ポジションで好感触

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 1月16日、クラブ・ブルージュのMFハンス・ファナケンが2018年のベルギー年間最優秀選手(ゴールデンシューズ)に選ばれた。185cmという長身MFだが、けっしてパワー系の選手ではない。繊細なテクニックを誇り、左右両足から決定的なパスを出すことのできる、サッカーセンスにあふれた選手だ。

ゲンクの巨漢MFサンダー・ベルゲと対峙した鎌田大地 以下、2位MFメフディ・カルセラ=ゴンサレス(スタンダール・リエージュ)、3位MFアレハンドロ・ポズエロ(ゲンク)、4位MFエジミウソン・ジュニオール(前スタンダール・リエージュ/現レフウィヤ)、5位FWレアンドロ・トロサール(ゲンク)、6位MFルスラン・マリノフスキー(ゲンク)、7位MFルート・フォルマー(クラブ・ブルージュ)、8位MFルイス・ガルシア(オイペン)と、ベルギーリーグのスター選手が続いた。

 今季前半戦をプレーオフ1圏内の6位で終えたシント・トロイデンからは、MFロマン・ベズスとMF鎌田大地がともに11位につけた。1年半前、サガン鳥栖からフランクフルトに移籍したものの、出場機会を失った鎌田は、昨年8月31日の移籍市場最終日にシント・トロイデンに期限付き移籍した。

 第7節のゲント戦で途中出場した鎌田はいきなり決勝ゴールを奪い、その後わずか15試合で10ゴールをマーク。あっという間にベルギーリーグを代表する選手の仲間入りを果たした。

 鎌田が決めた10ゴールは、相手のペナルティエリアの狭いエリアのなかで、落ち着き払ったボール扱いから生まれたゴールばかりだった。ひと言で表現するなら、センスが詰まったゴールだった。ベルギー人が惚れ込むのも無理はない。

 ベルギーのスポーツ週刊誌『スポルト・フットボール・マガジン』最新号は、シント・トロイデンでもっとも価値のあるプレーヤーとして鎌田を推し、「彼の10ゴールは小さなクラブ相手だけではなく、強豪のアントワープや、ビッグ3のクラブ・ブルージュ、アンデルレヒト、スタンダールからも決めている。マーク・ブライス監督は1月、鎌田がアジアカップの日本代表に招集されなかったことを喜ぶべきだ」(抄訳)と記している。