2018.12.20

南米目線でサッカーを見ると、日本では想像できないことの連続だ

  • photo by Nakashima Daisuke

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.51

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富なサッカー通の達人3人が語り合います。さらに今回はゲストに南米サッカーの達人、亘崇詞(岡山湯郷ベル監督)が参戦!

――前回に続いて南米サッカーに詳しい亘崇嗣さんをゲストに迎えてコパ・リベルタドーレス決勝について掘り下げてみたいと思います。リーベル・プレートとボカ・ジュニオルスの間で行なわれた今回の決勝戦は、試合内容もさることながら、やはり世界的に大きなニュースになったのがサポーターの問題です。一部のサポーターが暴徒化したことによって第2戦が延期となったうえ、最終的にはスペインのマドリードで試合を行なうことになりました。その一連の騒動について、我々日本人サッカーファンはどのように捉えたらよいのでしょうか?連載一覧はこちら>>

リベルタドーレス杯決勝の第2戦はマドリードで行なわれた
中山
 今回のコパ・リベルタドーレス決勝は、我々日本人の感覚ではなかなか理解できないことが多すぎましたね。第2戦を前にリーベルのサポーターたちがボカの選手を乗せたバスを襲撃した、という話までは過去にも聞いたことのある類のニュースでしたが、その後の試合開催までの騒動については、なかなか例のない話ばかりでした。それらについては、ぜひ亘さんに詳しく教えてほしいと思います。

倉敷 今回の騒動を簡単におさらいしておきましょう。豪雨の影響により、予定より1日遅れの11月11日に行なわれた第1戦は、ホームのボカが2-2に追いつかれて終わりました。そして11月24日にリーベルのホームで行なわれる予定だった第2戦ですが、キックオフを前にして事件が起きます。スタジアムに向かうボカのチームバスを一部の凶悪なリーベルサポーターが襲撃したのです。

 投石でバスのガラス窓が割れ、その破片が目に入った数名のボカの選手が大きく視力を落とす被害を受けました。また唐辛子スプレーによって吐き気を催す選手も出て、この試合は何時間も経ってから結局、延期になりました。

 ではまず事件を起こしたサポーターのことを伺いたいと思います。亘さん、アルゼンチンには「バーラブラバ」と呼ばれる凶悪サポーターが存在していますが、彼らはどのような人たちなのでしょうか?

 ひと言で説明するのが難しいですね。凶悪なサポーターといっても、それだけではなかなか日本の人たちには理解してもらえないでしょう。でも、日本人もよく知っているフフーリガンというと、彼らは単なる荒くれ者であって、そこにサッカーに対する愛情や情熱はあまりないと思うので、それとも違います。クラブにとっては最高の友人であり、最高の邪魔者でもある、というのが、彼らの立ち位置ではあるのですが。