2018.12.13

CL16強決定。最激戦区を勝ち抜いた
リバプールとサラーは頂点を狙える

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)第6週。一番の注目は激戦区C組の行方だった。リバプール(勝ち点6)対ナポリ(9)、パリ・サンジェルマン(PSG、8)対レッドスター・ベオグラード(4)。

 アンフィールドで行なわれたリバプール対ナポリは、最後の最後まで目が離せない、痺れるような展開となった。試合は90分を終了して1-0。ホームのリバプールがリードしていた。同じ時刻にベオグラードで行なわれていた一戦はPSGリードで推移していたので、このまま終われば、PSGとリバプールがベスト16進出の切符を得ることになる。

 だが後半のロスタイム、ナポリにこの日、最大の好機が訪れた。ゴール前でアルカディウシュ・ミリクが、右から送られてきたホセ・カジェホンのクロスに反応。トラップを鮮やかに決め、同点ゴールを叩き込んだかに見えた。

 この日のMVPに推したいのは、決勝ゴールを決めたモハメド・サラーではなく、ポーランド代表ミリクが放った至近距離からのシュートを、身を挺してセーブしたブラジル代表GKアリソン・ベッカーだ。このゴールが決まっていれば、もう数センチずれていれば、現在プレミアで首位をいく昨季の準優勝チームは、この日でCLの舞台から消えるところだった。

ナポリ戦で決勝ゴールを奪ったモハメド・サラー(リバプール) サラーがリバプールに決勝ゴールをもたらしたのは前半34分。ペナルティエリア右サイドでナポリのDFカリドゥ・クリバリと1対1の勝負を挑むサラーに与えられた選択肢は。大きく分けて2つあった。縦に行くか、内へ切れ込むか。