2018.11.05

ニューカッスル初勝利。
トンネル脱出に武藤嘉紀も「確実によくなる」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

「みんながホッとした感じ(笑)。ホッとしすぎて、あまり喜んでなかったですね。もっと喜ぶのかなと思ったけど、みんなホッとしたのが先にきていた。僕もびっくりしました」と、武藤も思わず目を丸くしたほど。選手たちは肩の荷が下りた様子だったという。

 ここまで、ニューカッスルの雰囲気の悪さは記者席からも伝わってきた。相手に先制点を許すと一気に意気消沈し、チームからまったく覇気が感じられなくなったのは、そのひとつ。傍目から見ても、チームがひとつにまとまっているようには見えなかった。

 関係者によると、選手同士で互いに互いを責め合うことも少なくなかったようだ。FC東京とブンデスリーガのマインツを経由してきた武藤も、ここまで勝利に見放された状況に置かれたことはなかったと話す。

 ところが今回のワトフォード戦では、チーム全体に前向きな雰囲気が流れていたという。

「今日の試合は、すごいポジティブな声が多くて、誰かがミスをしても、みんな『やろう、やろう』って。だから、『いい結果が出ればいいな』と思ってましたけど。そのとおりになって、本当によかったなと思います。

 今回の勝利で、だいぶよくなると思います。次もホーム(ボーンマス戦)の試合なので。僕は(ケガなので)どうなるか、わからないですけど。とにかく、雰囲気はかなり変わる。練習の雰囲気から変わると思いますし、確実によくなっていく。この勝利は本当に大きい」

 それゆえ、前半に途中交代でピッチを退いたことにも、武藤は歯がゆさを感じていない。もちろん、FWとして自身のゴールで勝利に導くことが最良のシナリオではある。しかし、出口の見えないトンネルをさまよい続けたニューカッスルにとって、勝利こそが最高の良薬である。武藤も次のように語る。