2018.10.02

岡崎慎司から武藤嘉紀への助言。
「いろいろできるところを見せろ」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

「プレミアのDFはデカくて速い。そういった相手に全部裏でいくのではなく、止まってみたり、間(あいだ)で受けてタメをつくったり。そういうこともできてくると、またバリエーションが増えると、岡ちゃんに教わりました。

 僕もずっと岡ちゃんのプレミアの試合を見ていたので、そういうプレーができるようになったことも知っています。プレーのバリエーションを増やすことができれば、さらに怖い選手になっていくのかなと思います」

 ひたすら裏を狙うのでなく、いったん立ち止まって相手と駆け引きしてみたり、相手DFとMFの間のポジションに入ってパスをもらう。緩急をつけながら動きのバリエーションを増やすことで、マーカーも守備の的が絞れなくなり、結果的に裏へ抜ける動きはいっそう生きてくる。

 相手がデカくて速いのなら、頭と知恵を使う──。プレミアで揉まれ続けてきた岡崎のアドバイスは続く。

「岡ちゃんが言っていたのは、裏に抜けて最後にクロスを取られてしまった場面でも、『落ち着いてつなげたり、もっと簡単にプレーしてみて』と。確実なプレーを見せたりして、いろいろなことができるところを見せていくことも大事だと言われました。

 岡ちゃんが最初にプレミアに来たときも『やっぱり難しかった』と言ってました。とにかく恐れずにボールを受けられているから、そこは続けていかないといけない。チームが悪い状況でも、ひとり輝いていないといけないんだなと、あらためて思いました」

 岡崎と話した後、武藤は「ニューカッスルには裏へ抜けられる選手があまりいない。そこを徹底する。だけど、プレーが読まれるようになったら、足もとのプレーもできるところを見せる」と、岡崎のアドバイスを取り入れていきたいと話していた。