2018.10.02

岡崎慎司から武藤嘉紀への助言。
「いろいろできるところを見せろ」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 試合終了のホイッスルが鳴ると、ニューカッスル・ユナイテッドの武藤嘉紀は思わず両ひざに手をついて、うなだれた。

 ニューカッスルは9月29日に行なわれたレスター・シティ戦を0-2で落とし、またしても白星を飾れなかった。この結果、プレミアリーグ第7節を終えて5敗2分。続く未勝利に、試合後の本拠地セント・ジェームズ・パークには巨大なブーイングが鳴り響いた。

武藤嘉紀は試合後に岡崎慎司から助言をもらったという そして、武藤の状況も前節から変わらなかった。この試合でもリーグ初先発は叶わず、ベンチから出番の声がかかったのは後半24分。追いかける展開でピッチに送り込まれたが、ゴールでチームを救うことはできなかった。

 一方、対戦相手としてニューカッスルに乗り込んできたレスターの岡崎慎司も、ベンチ入りしたものの、最後まで出番が訪れなかった。タッチライン際でウォームアップを続けていたが、チームが2点のリードを奪った後はアップを止め、ベンチで試合終了のホイッスルを聞いた。「日本人ダービー」として注目を集めた一戦だったが、残念ながら実現しなかった。

 そんなふたりは試合後、ピッチで抱擁を交わし、それぞれ選手通路口へと消えていった。

 ニューカッスル加入後から武藤が心がけているのが、DFラインの裏に飛び出す動きを徹底していくこと。サロモン・ロンドンやホセルといった長身FWが最前線に陣取ることから、セカンドストライカーの位置に入る武藤は裏のスペースに抜けるフリーランで、前線に違いを生み出そうとしている。本人も「監督も求めていると思います。とにかくやり続ける」と力を込める。

 実際、レスター戦でも縦へ抜ける動きを見せた。後半30分には左サイドをドリブルで抜けてクロスボールを上げるも、追いかけてきたマーカーにブロックされた。

 そんな武藤のプレーをタッチライン際で見ていた岡崎は、あることに気がついたという。試合後、武藤は岡崎から助言をもらったと明かす。ポイントは「プレーの幅」と「緩急のつけ方」だ。