2018.08.22

ベルギーリーグで豊川雄太が今季初ゴール。
久保裕也の移籍を祝福

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 今季のベルギーリーグは、多くの日本人選手がプレーすることで注目を集めている。そのうちのひとり、オイペンの豊川雄太が8月19日のゲント戦で今季初ゴールを決めた。

ベルギーリーグで2年目のシーズンとなる23歳の豊川雄太 試合開始5分、オイペンが敵陣に入ったところでFKを得ると、豊川がキッカーのルイス・ガルシアにアイコンタクトを送りながらペナルティエリア左側へフリーラン。そこに素早くルイス・ガルシアのFKが届くと、豊川は左足の切り返しでマーカーをかわし、右足でカーブをかけながら逆サイドネットにシュートを突き刺した。

「ルイス・ガルシアと試合前に、『目を合わせておいて、早めにリスタートしよう』と話していた。すると、相手が準備してないときにボールが来た。後はあんまり覚えてないですが、デッカイDFをかわして適当に打ったら、神様が(ゴールに)入れてくれました」

 193cmのウクライナ人センターバック、イゴール・プラストゥンの体重移動をよく見てかわし、2メートルを超すクロアチア人GKの届かぬところにしっかりと蹴って決めた。豊川のゴールシーンは極めて冷静に打ったたように見えたのだが、本人は無我夢中のプレーだったようだ。「シュートシーンは落ち着いていたね」と声をかけると、「マジですか。俺、落ち着きないのに」と言って大笑いした。

 戦術練習ではサイドに入っていた豊川だったが、試合当日になるとトップ下としてプレーするよう指示を受けた。

「意外とやれましたね。よかったです」

 ゴールシーン以外にも惜しいシュートを放ち、攻守に幅広いプレーを見せた豊川を、クロード・マケレレ監督は67分にベンチに下げる。すると、メインスタンドの観客からは大きな拍手が送られたのだが、ゴール裏のサポーターからは大ブーイングが起こった。サポーターの怒りは、場内アナウンサーが「豊川は負傷して交代したのです。だから、みなさんもそこをわかってください」と告げるまで鎮まらなかった。