2018.08.08

仏リーグは今季もPSGが本命。
唯一の不安はネイマールと新監督の相性か

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

 20年ぶり通算2度目のワールドカップ優勝を飾り、国内のサッカー熱が近年稀に見るほどの盛り上がりを見せているフランス。その熱狂が冷めやらぬ今週末の8月10日から、いよいよ国内トップリーグの「リーグ・アン」が開幕する。

スーパーカップを制して大喜びのネイマール。この笑顔がいつまで続くやら...... 昨シーズンは本命パリ・サンジェルマン(PSG)の独走優勝で幕を閉じたが、今シーズンも圧倒的戦力を有するPSGを中心に優勝争いが展開されることはほぼ確実。そしてそれを追うのは、一昨シーズンの覇者モナコ、優秀な若手を揃えるリヨン、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を至上命題とする酒井宏樹のマルセイユと、優勝争いは「1+3」という昨シーズン同様の図式になりそうだ。

 まず、リーグ・アン、フランスカップ、リーグカップの「国内三冠」を達成したPSGは、バルセロナから完全移籍で獲得したFWネイマールと、モナコから買い取りオプション付きのレンタルで補強したFWキリアン・ムバッペのふたりに総額約520億円という天文学的なビッグマネーを投じた昨夏とは打って変わり、今夏の移籍マーケットではそのムバッペの買い取りを実行した以外はほとんど投資を行なっていない。

 開幕前までの唯一の目玉といえる補強は、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(前ユベントス)をフリーで獲得したのみ。逆に、MFハビエル・パストーレをローマに、DFユーリ・ベルチチェをアスレティック・ビルバオに放出するなど、戦力はややダウンしているのが現状だ。

 もちろんCL制覇を目標とするクラブだけに、今夏の移籍期間中にこれ以上の新戦力を獲得しないということは考えられない。そんな状況もあってか、開幕前の段階でPSG最大の関心事になっているのは、指揮官がスペイン人ウナイ・エメリ(現アーセナル監督)からドイツ人トーマス・トゥヘル(前ドルトムント監督)にバトンタッチしたという点に絞られている。