2018.08.06

W杯で活躍した選手を獲得したけれど…
ビッグクラブの失敗の数々

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper 森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki

サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】W杯後の移籍市場(前編)

 フットボール界で、ひとつの伝統が死に絶えようとしている。メジャーな大会の後に移籍話が次々と進展するという伝統だ。

 これまで数十年間、物事はこんなふうに進んでいた──ワールドカップや欧州選手権で、無名の選手が忘れられないゴールを決めたり、すばらしいドリブルを見せて、一躍スターとなる。大会をスカウトの場と考えているビッグクラブが、その選手を買う。「ワールドカップのスター」を獲得したことに、ファンもメディアも喜ぶ。しかしたいていは、誰もが後悔することになる……。

ベルギーの躍進に貢献したアクセル・ヴィツェル(天津権健)photo by JMPA たとえば、1992年にアーセナルが買ったデンマーク人MFヨン・イェンセンだ。彼は欧州選手権の決勝で目の覚めるようなミドルシュートを決めて、ドイツを撃破した。1カ月後にアーセナルに移籍したとき、当時の監督ジョージ・グラハムはイェンセンのことを、ゴールも決められるMFだと語った。

 そんなことはなかった。ドイツ戦でのゴールは、まぐれだったようだ。イェンセンは得点をあげられないまま、アーセナルで何シーズンも過ごした。

 やがてイェンセンは、ゴールをあげられないことから不思議な人気者になった。彼がボールを持つたび、ホームの観客は楽しそうに「シュート!」と叫ぶ。たとえそれが、自陣のペナルティエリア内でもだ。

 1996年にアーセナルを去るまでの4シーズンで、イェンセンは1ゴールしかあげられなかった(アーセナルのファンは「ヨン・イェンセンがゴールを決めたとき、私はそこにいた」とプリントしたTシャツを作っている)。