2018.07.09

VARは見た!「ダイバー」
ネイマールは世間を敵に回して帰宅

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は見た!」

 ネイマールのロシアW杯は、そんなタイトルがつけられそうな形で終わった。サンバのリズムも、底抜けの陽気さもない。ずるく姑息な印象だけが残ってしまった。

ベルギーに敗れ、ベスト8で姿を消したブラジルのネイマール きっかけはラウンド16のメキシコ戦だろう。タッチライン際、ネイマールは接触されてファウルを受けた後、大袈裟に倒れている。そして踏みつけられたようなリアクションで、悶えながら転がった。ところがビデオで再生すると、何もされていない。被害者を演じていたのだ。

「(メキシコの選手は退場になっていたかもしれず)ひどく恥ずべき行為だ。ひとりの選手が倒れただけで、こんなに時間を使うなんてあり得ない。フットボールは道化師のものではない」

 敗れたメキシコのファン・カルロス・オソリオ監督は、憤懣(ふんまん)やるかたない様子だった。

 ネイマールがメキシコ戦までのW杯4試合で倒れていた時間は、13分50秒と計算されている。

 5試合目となる準々決勝、ベルギー戦でも、ネイマールは何度もピッチに倒れ、PKを主張する場面もあった。しかし、この日の主審は最初からシミュレーションを疑っているように見えた。VAR判定に持ち込まれこともあったが、ビデオ再生されたとき、どれも軽い接触でダイブしていたことが確認されている。

 やはり、VARは見ていたのだ。