2018.07.10

激戦必至。W杯準決勝は
好勝負になる要素だらけだ!

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 ロシアW杯はここまで、ベルギー対日本をはじめ、面白い試合に遭遇する確率が従来の大会に比べて高い。番狂わせも多ければ、接戦、激戦も数多い。理由はいろいろと考えられるが、ひとつ確実にいえるのは気候だ。この時期のロシアは他の北半球の国より暑くない。ボルゴグラードなどの例外も存在するが、現地時間で21時からの試合ならば、不快指数は限りなく低い。

 準決勝の舞台は、フィンランドにほど近いサンクトペテルブルクと、ルジニキ(モスクワ)で、いずれも21時からだ。むしろ、肌寒いくらいのなかでの試合になる。サンクトペテルブルクに先乗りしている知人記者によれば、メディアセンターには暖房が入っているとのこと。この気候が、好勝負を後押ししてくれそうだ。

 サンクトペテルブルクで行なわれるフランス対ベルギー戦。

 大会前の下馬評で、フランスはブラジル、ドイツ、スペインとともに優勝候補に推されていた。4強を形成していたが、他の3カ国はすでに敗退。優勝候補として、フランスは唯一勝ち上がってきた国になる。

 だがここまでの5試合、いい試合をしたことはない。さすが優勝候補だけのことはあると納得させる、フランスの魅力が全開になる試合は、いまだ披露されていない。

優勝候補フランスの攻撃を牽引するアントワーヌ・グリーズマン(右)とキリアン・ムバッペ 看板選手は19歳の10番、キリアン・ムバッペだ。そのウリはご承知のように速さ。とりわけ、アルゼンチン戦ではその本領を存分に発揮、勝利に貢献した。しかし、チームがその速さとどう向きあおうとしているのか。どう活かそうとしているのか。不明確な点が気になる。