2018.07.08

眠れる獅子が目覚めた。
イングランドが身につけつつある「真の強さ」

  • 小宮良之●文text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 ロシアW杯開幕前、イングランドはあくまでダークホース的存在だった。優勝争いの本命からは遠く外れていた。早期敗退を予想する人も少なくなかった。

 しかし7月7日、準々決勝で難敵スウェーデンを2-0で下し、準決勝へと駒を進めている。

 なぜ、下馬評の低かったイングランドは1990年イタリアW杯以来のベスト4に進めたのだろうか?

スウェーデンを破り、28年ぶりにベスト4進出を果たしたイングランド 理由のひとつとして、「グループリーグの組み合わせに恵まれた」というのはあるだろう。パナマ、チュニジアは戦力的にやや落ちる相手だった。おかげでベルギーとの1位争いには敗れたものの、比較的楽に勝ち抜けることができた。

 ただし、「セットプレーは迫力があるが、中盤の守備が弱く、ろくにボールもつなげない」と、イングランドの戦いへの評価は、低いままだった。

 グループリーグでは大量8点を奪ったものの、6点がPKを含めたセットプレー。マンチェスター・シティでメキメキと実力をつけたジョン・ストーンズを中心にした3人の大型センターバックと、エースであるハリー・ケインがゴール前に飛び込む様子は、確かに凄みがあった。しかしながら攻守は不安定で、戦術的に成熟していない印象を与えた。

 それがラウンド16になると、コロンビアを敵に回して互角に戦っている。ケインがPKを決め、1-1の接戦。延長戦からのPK戦で、ベスト8に勝ち上がった。

 それでも、まだ盤石には程遠い。

「(国内は沸き立っているようだが)優勝を云々するのは気が早いよ。地に足をつけて戦うべきだ」