2018.07.04

ベルギー守護神と指揮官が分析する
日本戦。「交代で状況は逆転した」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki スエイシナオヨシ●写真 photo by Sueishi Naoyoshi

 日本対ベルギー戦で、ベルギーはふたつの違う顔を見せている。

 ひとつは前半15~30分、後半20~30分、ラストシュート。もうひとつはそのほかの時間帯。ふたつはまるで異なるチームのようだった。それは乱戦で「制御不可能」だったことも示していた。

「タクティカルなゲームではなかった。すべて選手次第というのか。我々は0-2でリードされていて、解決策を探す必要があった。そこで、状況を変えられるのはベンチでの采配だったと思う。それでも、すべては選手たちの力量に委ねられていた」

 ベルギーのスペイン人指揮官、ロベルト・マルティネスはそう明かしている。

「我々はW杯の歴史のなかで、0-2というスコアを覆すのがどれほど難しいか、知っていた。しかし、信念と希望を持ち続けて戦った。これは選手たちが決してあきらめず、戦い抜くことで得た勲章である」

 ベルギーの選手たちは、どのポイントで日本をわずかに上回ったのか。

後半ロスタイム、ベルギーは底力を見せて逆転に成功した「日本はとてもいいチームだった。戦術的にとても整然としていた。我々は容易にスペースを見つけられなかった」

 ベルギーの守護神で、この試合の殊勲者のひとりであるティボー・クルトワはそう試合を振り返っている。

 立ち上がり、ベルギーは少し面食らった様子を見せた。グループリーグを3連勝で勝ち上がった勢いのまま、攻撃に出ようとしたが、ビルドアップもままならない。