2018.07.03

スペインは1000本ものパスの無駄使い。
敗退は決して偶然ではない

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 日曜の昼下がり、モスクワの街は静かだった。

 数時間後にはワールドカップ決勝トーナメント1回戦、地元ロシアが優勝候補スペインに挑む大一番が控えているというのに、レストランやバーが立ち並ぶ中心部の通りは、平静そのものだった。食事をとる他国サポーターの姿が、今はワールドカップ期間中なのだと気づかせてくれた程度である。

 地下鉄に乗り、スタジアムの最寄り駅が近づいてくると、ロシアサポーターの数が次第に増えてはきたが、さして盛り上がる様子もなかった。

 他のヨーロッパや南米の国に比べ、そもそもロシアはサッカーへの関心度が低い。開幕戦の盛り上がりにしても、取ってつけたような印象が否めなかった。加えて、直近のグループリーグ第3戦ではウルグアイに完敗を喫したことで、にわかサッカー熱も急速に冷めていったとしても不思議はない。

 実際、試合は世間のムードを察知したかのように、スペインが圧倒的にボールを保持する展開でスタートした。12分には、ロシアのオウンゴールでスペインが先制。すると、スペインは無理せず後方でじっくりとボールを回すようになり、さらにボールを保持する時間を長くした。

 だが、何も起きそうもない楽勝ムードに気が緩んだスペインの漫然としたパス回しに乗じ、ロシアは長いボールを生かして次第に反撃へと転じる。

 そして迎えた40分、右コーナーキックをロシアのFWアルテム・ジューバがヘディングで折り返すと、そのボールがジャンプして競り合ったスペインのDFジェラール・ピケの左腕に当たってしまう。

 これで得たPKをジューバ自身が落ち着いて決め、同点。ロシアがこの試合で放った唯一の枠内シュートで、試合はふりだしに戻った。