2018.06.19

マラドーナが神だったように、
いまメッシを神と仰ぎたいアルゼンチン

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 メッシが3人のディフェンダーを相手にボールを前に運ぶ様子は鬼気迫るものがあったが、その強引さは裏目に出た。自らが奪って蹴ったFKも、力みが消えず、枠を捉えられなかった。

 結局、メッシはノーゴールで、アルゼンチンは初戦を引き分けている。

「今回がレオにとって最後のW杯だとは思わない。彼の能力とプロフェッショナリズムがあれば、十分に続けられる。彼のプレーは我々をハッピーにしてくれる」

 大会前、サンパオリ監督はそう語っている。しかし、アルゼンチン人にとっては勝利こそがすべて。メッシは乾坤一擲(けんこんいってき)の勝負に出るつもりで今回の大会に挑んでいる。優勝がなければ、次などないだろう。

 ただ、その気負いが焦りを生む。バルサでプレーしているときのような、ボールゲームを楽しむ余裕は見えなかった。アルゼンチンのチームとしての完成度は低い。メッシのプレーには悲壮感すら漂った。

 アルゼンチン国民は、同国代表が南米予選で敗退しそうになった苦境を知っているからこそ、メッシの奇跡を求める。試合前にはそこら中で騒いでいたアルゼンチン人サポーターたちは、スタジアムからの帰り道、気の毒なほどに静かだった。

 メッシの被り物をした人たちが記念撮影をしていた。ヤケ酒をあおったように酔っ払ったひとりが、インタビュアーに向かってわめいていた。

「心配ない、心配ない。これから必ずレオがじゃんじゃんゴールを決めるから」

 それでも彼らはメッシを拝むのだ。

◆ついに西野ジャパンが腹をくくった。コロンビアの右サイドを崩せ!>>

◆メッシのための滅私奉公も空回り。高齢アルゼンチンの先行きに暗雲>>

関連記事