2018.05.30

「キックの精度が我ながらエグい」
代表・宇佐美貴史は1年前と別人に

  • 高村美砂●取材・文 text&photo by Takamura Misa

宇佐美貴史インタビュー(後編)

現在の充実ぶりを語る宇佐美貴史前編はこちら>>

 2018年1月25日、ウインターブレイクとなる約1カ月間の中断を経て、ブンデスリーガ2部の戦いが再開した。

 第19節のFCエルツゲビルゲ・アウエ戦からの再スタート後も、フォルトゥナ・デュッセルドルフの宇佐美貴史は変わらず途中出場が続いていた。だが、第23節のフュルト戦で豪快なミドルシュートを叩き込むと、続く第24節のSSVヤーン・レーゲンスブルク戦で移籍後初のフル出場が実現。1アシスト、1ゴールの活躍を見せた。

 結果的に、その2試合を含めて4試合連続ゴールを挙げた宇佐美は、その後も先発のピッチに立ち続けて、デュッセルドルフのブンデスリーガ1部昇格に大きく貢献。優勝の瞬間は、半年前の曇った表情が嘘のように、晴れやかな笑顔で仲間と健闘を称えあった。

「リーグ戦を終えて感じたのは、フォルトゥナでの前半戦は結局、コンディション不良に陥っていたんだということ。と言っても、当時はまったく自覚していなかったし、だからこそ『こんなにやっているのに、なんでやろう?』って考えが浮かんできて苦しんでいたけど。でも、後半戦を戦って、比べる材料ができたら『ああ、これが本来のコンディションなのか』と理解できた。

 そんなふうにコンディションを取り戻せたのは、ウインターブレイク中も含め、それまでのチャレンジがようやく身になり出したんだと思う。いろんな人に会って話を聞いたことや、それをヒントに行動したこともそうだし、パーソナルトレーナーとのトレーニングや食事面での取り組みもそう。