2018.05.08

あるぞ、岡崎慎司の代表復帰。
視察の西野監督「ちゃんと見ているよ」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 日本代表の西野朗監督が岡崎慎司と面談するため、レスターを訪れた。

 4月27日に日本を発った西野監督は、5月4日までに吉田麻也(サウサンプトン)、柴崎岳(ヘタフェ)、井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ)、乾貴士(エイバル)、長谷部誠(フランクフルト)、香川真司(ドルトムント)、浅野拓磨(シュツットガルト)、酒井宏樹(マルセイユ)と面談してきた。

ウェストハム戦を欠場した岡崎慎司は試合前に西野監督と面談した その目的を大きく分けていえば、(1)「ヴァイッド・ハリルホジッチ監督解任に伴う事情説明」と、(2)「選手のコンディション確認」の2点となる。

(1)については、「海外組はいろいろ心配しているところもある。しっかり整理したうえで前に入っていかないといけない」(西野監督)とし、解任の経緯を選手たちに直接説明することで理解を求めたようだ。

 また(2)については、「顔を突き合わせて状態を見たり聞いたりした感じを自分のなかで持ちたい」(西野監督)とし、試合に出られていない選手やケガ人など、それぞれ状況が異なる選手たちのコンディションの把握に努めた。さらには、「話すことも大事。自分が期待したい部分を伝えたいと思う」と、ひとりひとりに言葉をかける狙いもあった。

 5月4日にフランスのマルセイユで酒井宏樹との面談を終えた西野監督は、こうして英国のレスターにやって来た。この日はレスター・シティvs.ウェストハム・ユナイテッドの試合が行なわれたが、岡崎は左足首のケガで欠場。ふたりは試合前にレスターの本拠地キング・パワー・スタジアムで会い、西野監督は解任の経緯を説明したうえで足首の状態を確認したという。

 振り返れば、岡崎の最後の代表招集は昨年9月のW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦。それ以降は「背が足りない」「タイプが違う」と、さまざまな理由をつけてハリルホジッチ前監督は岡崎を招集してこなかった。実に7ヵ月もの間、日本代表から遠ざかっている。