2018.05.09

原口元気と宇佐美貴史、ブンデス2部優勝で
西野監督にアピールなるか

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by AFLO

 すでに前節、ブンデスリーガ1部昇格を決めているフォルトゥナ・デュッセルドルフにとって、残されたミッションは2部優勝となる。ホームでのラストゲームとなった第33節のキール戦は珍しくチケットが完売。快晴のスタジアムに5万5000人が詰めかけた。

 結果は1-1で引き分け、優勝を決めることはできなかったが、それでも試合後にはファンがピッチになだれ込み、カオス状態に陥った。まだ1試合を残し、優勝の可能性も残っているというのに、とりあえず1部昇格を果たしたことで大喜び。帰りのトラム(路面電車)では、戦利品である剥ぎ取った芝を手に抱えて騒いでいる人を何人も見かけた。

 この試合、原口元気宇佐美貴史のふたりはそろって先発。しかし試合後の表情は対照的だった。

ホーム最終戦となるキール戦に先発、体を張ったプレーを見せていた原口元気「(2位だった)ニュルンベルク勝ったでしょ? (優勝するには)最後、勝つしかないので……」

 浮かない表情の原口は、優勝を争う相手の状況を気にしていた。ニュルンベルクが勝ったことで勝ち点は60で並んだが、得失点差でニュルンベルクが首位に躍り出た。最終節はそのニュルンベルクとアウェーでの直接対決となる。

「最後は勝ちにいきますけど、(今日)勝てれば一番よかった。もったいないですね。粘り強くやっていたとは思うんですけど」

 原口は考えながら試合を振り返る。